ITEM013024
River Runs Over ecru

Hi Story
イギリスの森林委員会と環境省により発足された特別監視団体 RFO。
支給されたRiver Runs Jacketは厚手のニットの上でも着られるように身幅が大きく取られていました。
ただ冬時季、早朝は寒さがきついためジャケット上からでも羽織れるコートが支給されるようになります。
それが、主に監視任務外に着用されていたRIVER RUNS OVER。
グローブを装着したままでも扱いやすいボタンと大きなポケットに風よけのチンストラップ。
ゆったり目のシルエットに加え、裾のプリーツなど動いやすさにも定評がありました
*MUSEUMに記されているHi STORYはフィクションであり、登場する人物や団体名等はすべて架空のものです。

RIVER RUNS COATシリーズより生機を使用した「ecru」のご案内となります。
ハリ感のある生機素材ですが、糊落としをしておりますので柔らかい状態から着ていただけます。
更に着ていくたびに体に馴染んでいく感覚は生機特有のものかもしれません。
また、ちょっとした汚れは味となり、新たな表情へと変化していきます。
春や秋向けの薄手に羽織ることを意識し、裏地をなくしています。
袖を折り返す仕様になっていて、肩位置も気にならないので女性(size2)にも好評です。

brand / another 20th century
item / River Runs Over ecru ¥45,000- + tax
fabric / cotton100%
color / ecru
size / 2, 3

2024SS

ITEM003022
Sherpa Parka

Hi Story
ネパール東部のクンブ・ヒマール、ここでは山岳ガイドや宿を営む者が多くなった。
その大半がシェルパ民族であり、中には若い頃にグルカ兵として活躍した者たちもいる。
大国の傭兵として世界最強とも言われた彼らはもともとネパールの山岳部に暮らし、普段の生活で培った体力や傾斜面での俊敏性を買われ山岳地帯の戦闘で活躍したのです。
SAS の砂漠部隊着「Sherpa」は当時グルカ兵らの訓練用に支給されていた物に由来します。
その特徴的なボックスシルエットは、小柄であったシェルパ族の名残だと言われています。
*MUSEUMに記されているHi STORYはフィクションであり、登場する人物や団体名等はすべて架空のものです。

新型となりますライトシェルパーカ「Sherpa Parka」。
少し短めのボックスシルエットが一番の特徴であり、クラシックなデザインに良い違和感を与えています。
襟と袖裏はアナザーらしく細コール使いになっており、フードも脱着が可能です。
ジャケット内側のストラップで背負うことができるようになっています。

brand / another 20th century
item / Sherpa Parka
fabric / cotton65%, nylon35%
price /¥43,000- + tax
color / olive drab, navy
size / 2, 3

2024SS